KARAに降参

白い旗を振っている。

仕事で遠方に移動中、KARAの「ジャンピン(Japanese Ver)」をヘッドホンで聞き、あまりの素晴らしさに、うっすら涙が出てきたのだ。

正直、今までKARAの事なんかどーでもよかった。 韓国時代のKARAには全く興味を持っていなかっし、KARAより凄い奴らは韓国には山ほどいた。 

しかしだ・・・日本に来てからのKARA。 こいつはとてつもなく素晴らしい。 今まで韓国の歌手で、この子たちほどに真剣に「日本語」と向き合った歌手はいなかったと思うほどだ。

歌を聴きながら、本当に「ありがたい」と思った。 日本語を正しく、美しく発音している。 しかもそれだけではない。 この子たちの歌には、日本語の「言霊」まで感じる。

あの日本で鬼のように稼いだ「ぺ・ヨンジュン」だって、たった数秒のCMの台詞をソウル訛りの日本語で喋っていた。 KARAの日本語教育スタッフが真剣なのも分かるし、そっちも労いたいが、こういうものは表現する本人が掴み所のない音を必死で掴みながら血の滲む努力を続けた賜物としか言いようがない。 結局、KARAが凄いのだ。

逆に、日本人が韓国語を美しく発音するのも、同じ苦痛がある。 必死で韓国人に通じるように発音を鍛えていたころを思い出し、色んな感情がフラッシュバックしながら、KARAが発する「言霊」に泣けてくる・・・。

このジャンピンという曲を聴いてから、評価を思いっきり捻じ曲げ、今ではKARAのファンになってしまった。 

この子たちは全員素晴らしいが、僕の目から見ると「チヨン(ジヨン)」という子が特に素晴らしい。 この子は、神童なのか、相当な努力家なのか・・・。 この子が歌うから、曲の全体が締まるし、クオリティが上がっている。 歌も上手いし、感情の込め方が本当にずば抜けている。 この子がKARAを引っ張っているといっても過言ではない。

KARA・・・この子たちはただ者ではなかった。 BoAが表現する日本語なんて、とっくにを超えている。 どこまで努力したんだ、あんた等は・・・ おじちゃんには分かるよ。 KARAの方が僕よりよっぽど金持ちだろうが、美味しいものを沢山食べさせてあげたいと思う!(典型的な韓国おじさんだな俺は・・・)

suuは、今からKARAを応援します。(今更・・・) 


Soloというアプリにハマる。

 最近、ギターを弾いていない。 帰ってくるのが遅いのに、ギターをかき鳴らして独り歌えば、絶対にこのマンションに住めなくなる。 しかし、昨日の夜、素晴らしいAndroidアプリに出会った。

「Solo」というアプリだ。
 


通常自分が使うコードを選び、画面の上に弾き易いように配置する。 そして、あとは本物のギターを弾くように、プレイするのみ!!

単純明快だが、面白すぎる。 何が面白いって、どこにでも持っていけるモバイルギターを買ったような気分になれることだ。 身体で覚えているコードを抑えることが出来ないのは少し寂しいが、「Solo」のコードボタンを押さえるのも未来チックでなかなかオツだ。

さて、何を弾こうか・・・ そうだ。 GLAYのハピネスを弾きながら歌おう。

なっ!!!! これ、一応弾き語りできるじゃないか!!!! しかし、こんなチッちゃい楽器で弾き語りするのは、かなりかっこ悪いな・・・。 ん゛ーーーかっこ悪いけど・・・しかしコレは、ちゃんと楽器してるぞ・・・。


んっ?? 待てよ・・・。 これって、エレキモードもあるし、イヤホンジャックから無理矢理オーバードライヴ付きのミニアンプに繋げて・・・


ゲリラライヴできるじゃないか!!!


いつの日か小倉駅前で、覆面姿でAndroidゲリラライヴしようかいな。 何を弾こうかな・・・。 あれしかない!! 反町のポイズンだ!! 決めた、 ポイズンアンドロイドバージョン2010!!!

GALAXY Sで最初に聴いた曲

「SAMSUNG-Kies」(PCとGALAXY Sとの連絡ソフト)も繋がってしまえばこっちのもの、アレだけPCと繋がらなくて困っていたのに、喉もと過ぎれば何とか・・・みたいなものだ。 音楽を同期させようとしているが、全て同期させたくはない。 同期リストにアルバムを選びながら同期させている・・・。

一気にアルバムを入れてしまえば、なんとなく勿体無い気がするし、チビチビと貧乏臭く入れていくとするか・・・。

\捗佞斑砲龍貲困魎兇犬気擦襦 BlackCatsのONE+」
△海譴沼膣斂厩顱 屮灰茵璽討Best」
シャンゼリゼの風が吹く 「リュシエンヌドリール」 他諸々同期。

さあ、一番最初に聴く曲は、何にしよう・・・。


          ▲考えながら固まっているsuu


うん、やっぱり、韓国製のスマートフォンだから、故郷のSeoulを感じさせるあの曲にしよう。 よし決めた!! このマシンで一番初めに聴く曲は大好きなこの曲だ!!!




チマチョゴリの妖精、チャン・ユンジョンはいつ見てもかわいいし、「オモナ」はいつ聴いても名曲だ・・・。

私も、チャン・ユンジョンのファンよ!!という人にネット上でも会ったことがない・・・。 僕だけですか?? 日本の中でチャン・ユンジョンのファンは??

GALAXY Sはやっぱり凄かった!

突然ですが、「GALAXY Sが凄いことになっとる」という事を書かずにおれない私の心をお察しください。 

今年5月、ソウルの友人たちに見せびらかされたSAMSUNG製のスマートフォン端末「GALAXY  S」が日本で発売されると聞き、13年使い続けた「au」を脱する決意が固まりました。 そこまでして、このケータイに乗り換えた理由があるのですよ!!



この端末は日本で初めて発売された「ネイティブ大韓な機械」なの!!



だから何なの??といわれそうなので、説明しましょう。


GALAXY Sの設定画面で、言語と文字入力というところをクリックする・・・

一番下に謙虚に、「我々の言語」が設定できるボタンがある。 


そりゃ、押さずにはいられないはずだ。
大韓の血が騒いでどうしようもないだろう。 頭の中に愛国歌が流れて、シンバルが鳴り響くだろう。 

チョゴリの女が扇子を持ってクルクルくるくる回って・・・


花が出来たセヨ〜?
(suuの独り言は、殆ど意味が無いので読み飛ばしてください)

今まで、絶対に日本で見ることが出来なかった、完璧な「大韓仕様」だ。 どれだけ恋焦がれて待ってきたことか・・・。

涙が出そうなくらい嬉しいセヨ・・・。

                 
              スイッチ、オン!!!!





すると!!


ウララー!! 最初の画面から、突然大韓Android!! コイツを待っていた!! 

オラはこの時代が来るのを待っていたぞ!! 

いつも玄界灘が我々を引き裂いていたのに、やっと我々はひとつになれたニダ!! 

アイゴー!! アイゴー!!  アイゴー!!  アイゴー!!  アイゴー!!  アイゴー!!  オモニー!! チンチャ 嬉しいセヨ〜!!



しかも、それだけではない。 韓国語入力キーボードも標準装備。 ボタン一つで設定できる。

しかも!! それだけではSAMSUNG社は終わらない。 

3ヶ国語の音声入力機能付きだ。 ハングルキーボードで打ち込むのが厄介なときは、朝鮮語で喋って打ち込めばよい。 チョッパリハングンマル(下手な発音の韓国語)は聞き取ってくれないが、ソウル訛りで発音良く喋れば、かなり高精度で認識してくれることがわかった。 

ここで試しに、バリバリの釜山語で「ありがと」と言ってみたら、何故かそれも認識・・・。 しかし調子に乗って、続けざまに釜山語で喋っていると、誤認を連発・・・。 GALAXY君はおちついたソウル訛りが聞き取りやすいのだろう。

触れば触るほど、奥が深いスマートフォン。 ここ最近「モノ」を買うという事で、こんなにも憧れを持ち、ワクワクしたのは久しぶりだった。 スマートフォン・・・これは世の中の大発明だろう。

思えば、Iphoneという黒船が日本に来た。 そして、台湾からHTC、韓国からもGALAXYという最先端の船が来た。 


日本は大丈夫か??


シャープとソニー、そして東芝と京セラがスマートフォンに力を入れているが、今の段階では全くスペック的に外来種に対し勝ち目が無い・・・。

10年前、日本の最新鋭の携帯を持って韓国に行き、友達に自慢していた事を思い出す。 そして、今年、韓国の友達からハッキリと言われた。「日本は遅れている」という言葉を・・・。

「日本は遅れている」 「日本は遅れている」 「日本は遅れている」 「日本は遅れている」 「日本は遅れている」 「日本は遅れている」 「日本は遅れている」

ムキーーーーッ!!    ・・・んっ??

・・・仕方ないよな、日本人って根拠の無い優越感に浸ってボーっとしてるもん。 コケるべくしてコケたんだよ。 15年前から気付いていた。 この日が来る事を・・・。

さっさと眼を覚ませ!! 日本人!! 「ブランド」という時代は終焉を迎えたのだよ!!!!! ブランドを信じる前に、スペックをちゃんと読みましょう〜〜。 そして視野を広くして世界を見ましょう!! 日本だけの世界に閉じこもっていたら、恥ずかしい世の中ですよ!!

という事で、僕は満足できる日本製が出来ても、ずっとSAMSUNGを買い続けることでしょう。 だって、ここまでネイティブな大韓仕様って・・・もう手放せない!!

最後に、既にGALAXY Sを使用していて、どーしてもKiesと接続できない方は、Microsoftメディアプレイヤーを11にバージョンアップしてみてください。 その後、GALAXYをUSBで接続したまま、本体側のデバイスマネージャーのUSBのところで、問題になっているデバイスのドライバーの再インストールをすれば、繋がるようになります。

SAMSUNGは日本じゃまだサポートが悪いので、Kiesとの接続が上記の説明ではどーしても分からないという場合、私がサポートします(笑)

B2STのShockに90年代の影を見る

今更ながら・・・"大韓民国最新鋭派"の僕が書く事でもないかもしれないが、もし知らない人がいれば、押さえておいていただきたい奴らが居る。 細かいことはK-POP狂いが書いたブログに載っているだろうから割愛するとして・・・


とにかくB2ST(Beast)の「Shock」は、大韓において久しぶりに出てきた名曲だと思う。 


これぞまさに、90年代に感じていた、K-POPのハッパ的爽快感に近い。 鋭利な金属が頭の芯を突き抜け、脳味噌がテクノ氷結後、粉々上等。 「コイツが大韓民国のキレだ」と言いたくなる。 

この曲の特長はコクのあるグネグネしたシンセベース、そして少し細いが、キレのあるヴォーカルだろう。 この2つが絶妙なマリアージュで何故かポンチャック並みに、ギャラクしってブッ飛んでいる。 

韓国好きなら誰もが感じている事だが、日本で大人しく聞くK-POPと、鍾路辺りの喧騒の中、排気ガスにまみれて傾いたボロいスピーカーから流れてくるK-POPというのは、まるで別物なのだ。 ソウルで聴く、あの火を噴くように重低音がクソ破れた、「「あの音」」が韓国好きにはタマらないのだ。 この曲がソウルで流れたならば、それは恐ろしく歪み澱んだエーテルを鋭利な刃物で切り裂くようなものだ。

ここ最近、作曲の部分で「いい仕事だ」と思わせる曲は신사동호랭이の仕事が多い。 この人は韓国におけるキラーチューンの哲学を確りと持っている。

オススメです。 B2ST(Beast)の「Shock」



生活事故

仕事が終わり、帰り道にいつも寄るスーパーでカレーパンを買っている。 レジに並ぶと、「新人の為、急いでいる方は他のレジをご利用ください」と書いてある。

新人か・・・短髪で背の高い、最近の普通〜の大学生という感じだ。

特に支障なく、レジを打ち終えた彼に、お金を支払っている。 すると彼は何を思ったか、突然僕に「お風呂」と言った。

「お風呂??やと?!」 僕は声を裏返しながら、彼に聞き返した。 彼は「いや・・・」と言いながら、少しうつむいている。

恐らく、このタイミングなら、彼は「お釣り」と言いたかったのだろう。 彼の顔を見ると、真っ赤になっている。  ああ、不憫でたまらない。 笑いを我慢しているのだろうか、それとも真剣に恥ずかしがっているのであろうか・・・。 とにかくどうすればいいか分からない顔で、落ち着きなく小刻みに首を動かし、真っ赤になっている。

こんな時、どういう風に切り返せはいいだろう。 スルーしても彼は「恥ずかしメーター」が上がるだろうし・・・。 とっさに浮かんだ言葉を、ストレートに投げかけてみた。


「キミ、今すぐ切腹やな!!」


彼は、「はい、すみませんでした」と言い、突然緊張の糸が切れたのか、鼻を押さえながらクスクスと笑いはじめた。  

ああ、学生時代を思い出す。 

かつてバイトしていた店で、沈着冷静な女性正社員と僕はいつも二人でレジを任されており、僕がお客様に「有難うございました」と元気に言うと、後から女性社員が「有難うございました」と落ち着き払った声で言う・・・というパターンが繰り返される日常だった。

ある日、僕がいつものように「有難うございました」と言うと、女性社員が「あにゃにゃとおにゃ・・・」と、到底人間の言葉とは思えない音を口から発した。 多分、「ありがとうございました」の言い損じだろうが、あまりにも酷かった。 

お客さんが居たのに、とっさにフォローしないといけないと思い、「フィリピン人か!!」と突っ込んだところ、女性社員は真っ赤になり、レジから消えてしまった。 数分して、事務所から出てきたときは真っ赤に目が充血していた。

泣かせてしまったのだろうか・・・。

いや、多分自分の口から出た意味不明の言語が笑いのツボに入り、独りで大笑いしていたらしい・・・。

今日は、MBCニュースの40周年だ。 韓国放送の言い損じによる、放送事故も本当に面白いので、貼っておこう。



T-ARAの持つ中毒性

昨年の夏から「T-ARA」という恐ろしく中毒性のあるコリアンガールズに冒され、そして昨日書いたように、今はRAINBOWに冒されている。 

ソウルの女子友達に電話をかけたら、「待ちうた」が너 때문에 미쳐(てめぇのせいで狂っちまう)だった。 僕は思わず言った。 「お前もその曲のバイロス(ウィルスの韓国読み)に冒されたか」と・・・。

何度も見てしまう芸術とは何なのか。


それは、紛れもなく「バイロス」である。 そこにバイロスがあるからこそ、何度も見てしまうのだ!!

美女が純粋に「音」を楽しんでいる声と、フワフワしているようで、厳しく統制のとれたセクシーパフォーマンスが絶妙にシンクロしたとき、それらは「バイロス」と変化し、視聴するものの感性に絡みこんでくる。

最近の音楽は技術に走りすぎていた。 しかし、生き残るため、勝ち残るために歌唱技術を競い、視聴者を唸らせる手法だけが本物の音楽ではない。 パッションという「技術」ではどうしようもないものを叩きつけ、視聴者の持つセンスと絡みあうのも優れた音楽のひとつなのだ。

今年の「T-ARA」と「RAINBOW」の2組は、明らかに音がバイロス化している。(中にはじっとしていてもバイロスという「2NE1」のパク・ボムという、恐ろしい女性がいるが、これについてはまた別の機会に書こう)

仕事をしていても、風呂に入ってても、ずっとその旋律と彼女たちのスモーキーな瞳が脳裏に焼き付いて・・・

離れないんだよ!!


RAINBOWは無敵

聴けば聴くほどハマりこんでしまい、もう抜け出せない。 そう、韓国のガールズグループ「レインボウ」に完全にヤラレタのだ。 

まだ日本ではデビューしていないので、韓国ウォッチャーしか知らないだろうが、今現在、韓国で人気急上昇中のグループである。

最近のブームにあまり熱くならない僕の中でも、恐ろしいほどのブームで、最近ではレインボウがテレビに出ると、子どもの様に釘付けになってしまう・・・。

いゃあ・・・ここまで来ると、アイドルの世界を超えて、アートに近くなってくる。 最初から最後まで全く隙がない。

いつも思うのだが、この子たちもそのうちバラ売りが始まるだろう・・・。 だから、今のうちにじっくり見ておいたほうがよい。 このグループはバランスが取れているし、スター性が充分すぎるほどある。

素晴らしい!! 「大韓民国"伝説の90年代"」を生きてきたsuuちゃんも、彼女たちに「合格点」を出します。

 


| 1/2PAGES | >>


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

K-POP TOP20

トロット放送

suuのおすすめKPOP

為替レート

記事

記事の種類

バックナンバー

読者様のコメント

リンク

suuちゃんとは??

サイト内記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM