今日から白人になります

僕は、とにかくいてもたっても居られなくなった。 色んな事を気付かせてくれた、このプラハという場所を僕の聖地にしようと思ったのだ。


トラムに乗り、ロザリオを探しに行った。 僕をこういう気分にさせてくれたのは、歴史というものがビデオテープの様に一本のテープで繋がっていると実感させてくれたローマ・カトリックのお陰だ…。 

そんなローマ・カトリックに敬意を表してイエズスのロザリオに今のこの気持ちを封じ込めたかったのだ。 小さなボヘミアンアクセサリーの店でロザリオを手に入れ、それを持ってまたこの場所にたどり着いた。


モルダウだ…。 僕は買ったばかりのロザリオをモルダウに浸し、自分の額にもモルダウの水を刷り込んだ。 これで自分なりの洗礼は終わった。 

突然だが、今から僕は一年間の契約でカトリックになる。そして聖地はこのモルダウと決めた。 更に僕は、今この瞬間から、白人になる。

1年間、白人契約をするのだ。 もう決めたもん。

そして、僕は西スラヴ系のコーカソイドになった。(気持ちだけね)

↑すーちゃんのイメージ

気分はなかなかイイ。 
まぁ、一言でいえばマイケルジャクソンのような気分だ。


さらに意味も無くトラムに乗り続けている。 気付けば地図に乗っていない場所まで来てしまった…。 どこなんだここは…。 突然老人密度が増えたような気がする。 観光客も居ないし…。

散歩をしていると、突然教会の鐘が激しくなり始めた。 6時か…。

中に入ると、また入り口の扉を閉められてしまった。 えっ?? また偶然ミサの時間に教会の前を歩いたの僕は…。

前のほうに座っている人々が、バラバラに座っている僕たちに対して「前につめなさい」と言っている。 後ろのほうに座っていたお爺さんたちが僕の横に来た。 

お爺さんは僕が聖書を持っていないのに気づき、入り口付近を指差し、小さな声で「とってきなさい」と言っている。 僕は急いで貸し出し用の赤い聖書を持ってきて座ると、突然歌が始まり、神父が横から歩いてきた…。

ああ、何か因縁めいたものを感じる…。 

何で僕はカトリックに引き込まれてしまったのだろう…。 僕が教会を横切ろうとすると、神がかり的にミサの鐘の音がなるのだから…。 しかも、横切る前に必ず鳴るのだ。

バス停に行ったらすぐにバス来ることがあるが、それとよく似た感覚だ。 しかもバスなら一時間に何本も来るが、ミサは一日1回ではなかろうか…。 あまりにも摩訶不思議超常現象だ…。

コメント
コメントしてあげる








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

K-POP TOP20

トロット放送

suuのおすすめKPOP

為替レート

記事

記事の種類

バックナンバー

読者様のコメント

リンク

suuちゃんとは??

サイト内記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM