"大中華" 第三部 戦闘にて思ふ



祖父は、開戦のラジオを聞いていたとき、おっ、遂に始まったか・・・と思っていた。 
「このラジオは一回だけ流れたんじゃなくて、その日に何回も流れたから、何回も聞いたんじゃ(笑)」

「これを聞きながら、嫌だなぁという雰囲気だったの??」

「いや、そんなことは無い。 こん時は日本が一番活気があった時じゃ!! そりゃもぅ凄い活気だった! おー! やりよったな!!って印象が一番強かったよ。 イギリスの軍艦は1発で沈めるわ、真珠湾はガチャガチャにするわ・・・ そりゃー爽快だろ。 まぁ、この時は戦争ってものに対して、疑うものはそこまで居なかったと思うんじゃ。 実際に戦地に行くまでは、戦果を聞く度に、よっしゃー!って気になるんよ。 国全体がな・・・。」

へぇーそうだったんだ・・・と聞いている僕に、じいちゃんは続けて言った。「それからっちゅーもの、早かったぞー。 バタバタと軍に入ってな・・・軍隊生活にも慣れてきたら、それ!!中国へ出撃じゃけ・・・」

僕はじいちゃんに聞いてみた。 「その時、どんな気持ちになった??」

「どんな気持ちって・・・一番最初に直感的に思ったのはな、もう帰れないと思ったよ」

「それは、生きて帰れないと言う事?」

「いや、出発のときは、そういう意識はまだ無いんじゃ。 これは長い戦いになるぞって気持ちだよ。 とてもすぐに終わるなんて考えられない雰囲気だった。 そういう大きな勢いというか、まぁ・・・大きな流れの中でみんな戦争に出かけたって事だよ。 疑うことも無いという部分は、みんなが兵隊に行くという大きな流れと、戦果による大きな高揚があったという・・・そこだよ。」

祖父が、作戦の地に着くと、先に任務を行っていた先輩歩兵部隊が大喜びして迎えてくれた。 何故なら、祖父たちが来ることによってその部隊は帰国できるということだったらしい。 しかし戦局が変わり、先輩歩兵部隊に「帰れない」という通達が来ると、彼らは、いままで優しかったのに突然態度を変えて冷たくなった。

「薄情なもんじゃ、自分らが帰れるから俺たちに優しかったんだよ。 だんだん・・・っていうか、まぁ露骨に機嫌が悪くなっていくのが分かって可笑しかったなぁ・・・(笑)」

「みんな帰りたい気分なの?」

「そりゃ、帰りたいにきまっとる!! 別に死にたくないし、人も殺さんでいいなら、殺さないほうがいい! 当たり前のことじゃ。 ただな、兵隊っていうのは、やっぱり人の集まりじゃけ、この野郎と思う上官もおれば、忘れることの出来ない恩義を感じる人に出会うことも多かった。 人殺しだけじゃなく、こういうのもひっくるめて戦争じゃ。 人の集まりが一緒に動くんじゃ。 一個大隊ってのは800人おるんじゃ、一つの作戦の中で2個大隊〜4個大隊が一緒に動くじゃろう? その中に人間のドラマというのは必ず生まれるな。」

「仲間とのドラマ? 敵兵とのドラマ?」

「仲間とは、沢山のドラマがある。 今も思う、世話になった人の名前と住所を一人ひとり聞いて、手帳に残しときゃよかったってな・・・。(笑)」

「そんな余裕があったの??」

「まぁ、ひとつはそういう精神状態じゃなかったという部分があるが・・・。 俺は戦争しながら、自分はサムライだと思っていた。 勿論無駄な殺生はいかん。 ・・・しかしな、こんなことがあった。 俺たちの陣地のな、兵舎の上に現れた中国の爆撃機が頭の上を低空飛行してきたんじゃ。 そのときは、みんなで飛行機に向けて鉄砲をボンボン撃ったよ。 そしたら、近くでドカーーーーーーンって無茶苦茶な爆発音がしたんじゃ。」

「どうしたの??」

「おい!! 作戦本部がやられたのじゃないか!?って叫んだ後、俺らは真っ青になっとったんじゃ。 すると驚くことに、奴ら(中国国民革命軍)は誰も人がおらん空港を爆撃していきおった・・・。 空港には六畳一間くらいの穴がボコーーーッと空いてな!! しかし、あれだけ低空飛行で兵舎を確認しとるんじゃけぇ、俺たちを爆撃するじゃろ?? 普通だったら・・・。」

「何で、空港を・・・」

「いや、それは分からん未だに・・・ ただな、一ついえるのは、奴らも俺たちを無駄に殺しはしなかったっちゅーことじゃ」

祖父にとっては、中国人が戦時下に於いても「道」というものをしっかり持っているということがハッキリ確認できた出来事だったのだ。

つづく。

コメント
コメントしてあげる








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

K-POP TOP20

トロット放送

suuのおすすめKPOP

為替レート

記事

記事の種類

バックナンバー

読者様のコメント

リンク

suuちゃんとは??

サイト内記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM