オヒャンジャンユク

オヒャンジャンユク(五香醤肉)が食いてぇ!! 韓国人も大好きな五つの香りがする豚肉料理!!! 



ここ大文店は、永登浦では40年続く老舗の中華料理店。 オヒャンジャンユクが代表メニューで、その他はマンドゥだけで勝負している頑固な店だ。 国民的アイドルのジャージャー麺とかは出さない。 焼き飯も出てこねえ。 あくまでも頑固にオヒャンジャンユクを極めたロケンローな店だ。

 
これって、いかにも真露と合いそうだよな・・・。 



「すみません! チャミスルください!!」

このゼリーのようなものは、漢方薬と醤油と豚ゼラチンを混ぜて出来たソースのようなもの。 これを箸で切って、ちょっと乗せしながら、千切り野菜と、ニラ醤油に漬けて一口でいただく。



美味い!! いいねぇオヒャンジャンユク!! 真露のアルコールと五つの香りが溶け合い、口の中が間違いなく「韓中友好」になっている。 そして、それを食い物にする日本人!!

これは、発見だ。 日本では絶対に感じる事ができないハーモニーだなぁ。

韓国式のポッサムも本当に美味しいのだが、中国式のオヒャンジャンユクの、このさっぱりとした気品あふれるチャイニーズエンペラーのような雰囲気が本当にたまらない。

なんだかさぁ・・・、料理は民族を表しているなぁ 仰々しくベタベタと派手なのに、どこか気品を感じさせる中国。 自然派なのに激辛・コク旨な韓国。 淡泊ながら奥深く、見た目に宇宙の神秘を感じさせる日本。

真露が進むと、本当に、この東アジアを愛おしく思う心がハイパーになってきて、止まらなくなってくる。 うぃーーー・・・我々三つの国の人々は、草の根でしっかり仲良くしとかないとだめだ。 



プヒー・・・だんだん酔っぱらってきた。



しかし、日本は「韓流」ばっかり流行って、バランス悪いよなぁ。 韓流5割、華流5割でバランスがとれていたら面白いのに・・・。 日本で韓国と中国の文化が激バトルするようなプログラムも楽しそうだ。 日本人はそうやって両民族の「特長」を見て、それに自分ら「日本」というものを客観的に重ねながら、異文化の神髄を楽しめるようなれば、まさに国際化の早道だ。

テレビを見れば、一部のメディアが狂ったように中国を叩く。 まるで、キチ■イみたいな顔で鬼の首を取ったように興奮しながら・・・。 中国を死ぬほど歩き回ったこともないくせに、立派な反中が多いのは、世の中が腐っとると思うよ・・・。 世の中が腐ると、悪どい奴がポンポン出てくるって「ジャン・ジャック・ルソー」だって言ってるじゃないか。 

こんな美味い物作る国なんだぞ中国人は・・・。 ムシャムシャ・・・ こんな楽しい酒をつくる韓国も最高だよなぁ・・・。 いかんなぁ!! 酔っぱらってきたよ!!!  韓国に居るのに、中国の事までたくさん考えてしまう。 この、オヒャンジャンユクのせいだ!! 頭の中に巨大な五星旗がバサバサし、「走進新時代」が流れ始めた。



あっ!!!!! しまった!!!! 18時から「チングども」と鍾路で飲み会だった!! 何を昼下がりに酔っぱらってるんだ俺は!!

コメント
くんさん>いいですね〜。

赤星さん>リアルに行ってましたね(笑)有言実行ですねぇ。
  • suu
  • 2011/07/11 11:20 PM
おいしそうですね。久し振りに横浜中華街に行きたくなったきた。
  • 赤星鷹
  • 2011/07/09 1:23 AM
なぜかサムギョプサルがくいたくなるね〜
  • くん
  • 2011/06/29 11:07 PM
コメントしてあげる








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

K-POP TOP20

トロット放送

suuのおすすめKPOP

為替レート

記事

記事の種類

バックナンバー

読者様のコメント

リンク

suuちゃんとは??

サイト内記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM