料理研究家 ホンシネ先生とは -第3章-

料理の実力はもとより、エンターテイナーとしての天才的な振る舞いにより、料理研究家として、韓国では誰もが認める最高の評価を得ており、現在も不動の人気を誇っている彼女。 実は私も殆どの著書を持っている…。

その影響力は韓国のみならず、ベトナムのVTV3、英国BBCなども、彼女のドキュメンタリーを作り、それぞれの国で大きく紹介した。彼女は国家を背負い、韓国代表の料理研究者として、国際的な活躍も見せている。

このように華々しく文化人のトップ、そしてエンターテイナーとしてもスターに登りつめた彼女だが、もともとの性格は少女時代から全く変わっていない。「身のまわりの大切な人たちに、自らの手で体に良い食事を作って一緒に食べたい」ということを常に願う、そんな謙虚で素朴な人なのだ。 ここまで登りつめた彼女なのに、何故小さな食堂を開く必要があるのだろうか…と誰もが感じたことだろう。 
 

逆に私は彼女が作ったレシピを食べれるチャンスだと思い、思いっきり興奮していたが…。
その頃の彼女は私に「食堂が出来るのよ期待してね!! 期待して!!」と言い、なんとも嬉しそうだった。

そう、彼女はどうしても大衆の中にいることを願う人だった。

その切なる想いは叶い、2013年9月27日新寺洞(シンサドン)の住宅街に「サルカゲ(米のお店)byホンシネ」という大衆食堂をオープン。(2016年にて閉店したが、サルカゲで提供していた米をプロデュースし、現在現代百貨店 にて発売中)

そして1年も経たずに、若くして某大手企業の幹部を務めていた彼女の妹分である「バリバリキャリアウーマン」、ヤン・ハリムさんが運営に加わる。


サルカゲ(食堂)のコンセプトは「外食なのに、おいしくて健康になる食堂」だった。 予想通り、健康意識の高い人々を中心に共感を得て、オープンからわずか1年で大ヒット店となる。その頃、私が訪ねて行くと、夜なのに、ほぼ満席だった。 彼女は「1日100食限定にしたのに、お客さんがいっぱい来てくれるようになったのよ、あぁとても嬉しい…」と満面の笑顔で語りつつ、嬉しそうに「見て」と言いながら、精米機を指差した。 ここで扱う主役は屋号が物語る通り「米」だ。 使用する米は自家精米の五分精米。 一口…、口に運ぶとすぐに分かる独特の香ばしい風味と甘い味…。 ホンシネさんが「何を食べる??」 と聞くので、僕は迷わず「お肉が食べたい」と言った。

出て来たのは韓国で大人気の肉メニューの代表格「LAカルビ」だ。 LAカルビという名称には諸説あるが、有力なのは"Lateral Axis"の、頭文字をとったものであり、骨と垂直に切っているという意味だ。通常のカルビの切断方法は肋骨に肉がついている状態だが、垂直に切ることにより、肉の真ん中に骨が来る。ホンシネさんが直接フライパンを振って作った料理はもちろん最高だった。 ソウルだけではなく韓国各地の名店を訪ね歩いた私が、いままで味わったことのない、究極の美食に舌鼓をうった…。

食堂の前では常にお惣菜も売られており、近所のおばちゃん達があっという間に買っていき、いつも品切れ状態になっている。

彼女は自身の食堂にて、料理を直接味わった人々と気さくに言葉を交わし、みんなの「食生活のこと」や、この店のレシピとの出会いをきっかけに「食に対する考えが変わった人々」の言葉を数多く聴いている。 そして彼女は「飲食事業そのものの重要性」に対して、さらに深く悟ることになっていくのだった…。

2014年10月6日には、2番目のレストラン 「ソルト(Salt)」をオープンし、これも大きな人気を博す。

名シェフのWater氏が厨房に立つ韓国の食材を使ったイタリアンレストランだ。 

使用する主役の「塩」だが、こだわりを持って、韓国の「土板塩」を使用している。「土板塩」といわれても日本人の多くはピンとこないだろう…。

 

これは天日塩の一種であり、製造過程で塩田における塩板に何も敷かず(通常は木枠等の中で作成される)、干潟(ひがた)の上で8年間の歳月をかけて「にがり」を抜く工程を経て生産されている。

 

これぞまさに韓国の伝統方式に則した完全天日塩。 干潟の中にあるミネラルが塩に入り込み、味はもちろん、栄養価も格段に高くなっている。

 

ソルトの食事も味わったが、やはり美味い。 すごく至近距離の隣の席でJYP(パクチニョン)とヨン様夫妻が誕生日パーティーをしていて、結局一緒に食事をすることになったのだが、ホンシネさんが表現する至高の洋食に感動しつつ、飲食のことのみベラベラ喋りながら食べていたので、ヨン様達から不思議がられてしまった。

彼女は常に言う。「食べることが世の中で一番重要だ」と。

食べるという事は、物理的にその人の身体を構成する事であり、食べてこそエネルギーが脳に行き、その人が創意的に活動できるようなるからだ。

続けて彼女はいつもこう言う。

「何を食べるのか、それがその人を作り、何を食べるかにより人生が変わる」

その言葉とともに、多くの人々を元気にしたいと願う、そんな彼女の活動を見守りつつ、大いに期待したい。
大韓民国の食の女神ホンシネ先生。 ファイティン!!


JUGEMテーマ:グルメ


コメント
ホンシネ氏チョアヨ!
  • ベッカジョム
  • 2016/11/09 9:06 PM
コメントしてあげる








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

K-POP TOP20

トロット放送

suuのおすすめKPOP

為替レート

記事

記事の種類

バックナンバー

読者様のコメント

リンク

suuちゃんとは??

サイト内記事検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM